日本全国のiPhone修理業者のデータべース

日本全国のiPhone修理業者のデータベース
ホーム > 【2019年版】最強の新作スマホはコレだ!

【2019年版】最強の新作スマホはコレだ!

2019年9月25日更新

【2019年版】最強の新作スマホはコレだ!




2019年の9月に入り、各社の新作スマホが出そろい始めましたね!

そこで今回は新作スマホの処理能力ナンバーワンを決めていきたいと思います!

もちろん、一つ一つの新作スマートフォンがどんな方におススメであるかまとめていきますので、機種変更を検討中のあなたも是非チェックしてみてくださいね!

それでは参りましょう!
Appleの新作「iPhone 11シリーズ」
2019年8月発売ASUS「ZenFone 6」
Samsung Galaxy 「S10シリーズ」
国産スマホの雄Sony「Xperia1」
最新スマホの性能比較
まとめ

 

Appleの新作「iPhone 11シリーズ」




はい!まずは今、注目度ナンバーワンの最新モデルiPhone 11シリーズのご紹介です!

今回はシリーズ前モデルで処理能力に差が出ないとのこと。一番コスパがいいと言われていて、爆発的な人気が出るのではないかと言われているのは「iPhone 11」

トリプルカメラが採用され、さらなる進化がなされている「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」と、全てにおいて至高を求めるユーザーのニーズにもこたえており、今回もAppleの技術力・ブランド力を滲ませるシリーズとなっております。

ディスプレイはiPhone Xから始まった全画面液晶のノッチタイプは変わらず、サイズはiPhone XRと同じ6.1インチとなります。

気になるチップですが、大幅な改良がなされているとのこと。
今回搭載される「A13 Bionic チップ」は処理能力向上と省電力に成功し、20%のパフォーマンス向上と最大40%の消費電力削減が見込まれます。

もうこれだけで、今回の新作iPhoneは相当すごいということは伝わってしまう気もしますが、まだまだ見どころは満載!

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxについては待望のトリプルカメラが搭載され、広角・超広角・望遠と3つのレンズが力を合わせ、これまでに比べ最大10倍のデジタルズームが可能となっています。

iPhone 11ではダブルカメラではあるものの、前モデルのiPhone XRと比べて4倍広く撮影が可能。

ナイトモードも搭載され、暗い中でも程よい明るさのくっきりとした写真が撮影可能です。

さらに、ディスプレイ面・背面共に強度はiPhone史上最強。どの視点から見ても死角なしの最強スマホと言えるでしょう。

AnTuTuベンチマークスコアは概算となりますが、iPhone XSの354887点に20%加算で425864点と破格のステータスになってしまいます!

RAM容量は4GBとiPhone XS・XS Maxと変化はないものの、ここはiOSの最適化能力の高さもあり、オーバースペック気味であったため、コストパフォーマンスを考えると妥当な選択ではないかという印象です。

2019年8月発売ASUS「ZenFone 6」




お次にご紹介するのは、2019年8月にASUSから発売された「ZenFone 6」2018年に発売されたZenFone5の後継機に当たります。

当コラムのおススメゲーミングスマホでも紹介されたZenFoneが進化を遂げて帰ってきました。ゲーミングスマホ特集をご覧になりたい方はこちらから。

特集1:おすすめのゲーミングスマホ
特集2:おすすめゲーミングスマホ第2弾

ZenFone 6のディスプレイは6.4インチの完全フル画面で、今流行のノッチ(切り欠き)が一切ない斬新なデザインとなっています。ゲーム画面ががノッチ(切り欠き)で隠れてしまう心配が無いため、画面の端まで、しっかりと表示してほしいゲームをプレイする方には非常におすすめです。

気になるプロセッサーは最新のチップセットである「Snapdragon 855」が搭載され、ZenFone5でゲーマー達に好評であった、「AIブースト」も実装しているため、まさしくゲームに特化したスマートフォンであると言えます。

バッテリー容量も大幅改善が施されています。ZenFone5では3300mAhであったものが、ZenFone6になると5000mAhに進化。単純計算で66%のパワーアップです!これで出先でのゲームプレイもバッテリーを気にする必要が減りますね。

カメラも強化が施されており、4800万画素のフリップ機構を採用しているため、インカメラ(フロントカメラ)側の撮影もアウトカメラ(バックカメラ)で行えるというアイデアあふれる仕様となっています。

AnTuTuベンチマークスコアは374335点と最高峰の実力を兼ね備えます。
3Dゲームなど、比較的負荷の高いゲームもヌルサクで動きます。

Samsung Galaxy 「S10シリーズ」




2019年6月に発売された最強ディスプレイメーカーSamsungの新作「Galaxy S10シリーズ」は大きな進化のポイントは何といっても「RAM容量」にあります。

今回のGalaxy S10シリーズは前作のRAM容量4GBの倍に当たる8GBに進化。様々なアプリを併用マルチタスクもサクサク行えるユーザビリティ重視の使用となっています。

そして注目の新機能は本体ディスプレイに内蔵された指紋センサーです。

これまでのGalaxyシリーズは本体背面に指紋センサーが設置されていましたが、手が小さい人にとっては少々使いづらいものでした。

Galaxy S10 シリーズでは、ディスプレイ上に超音波式の指紋センサーが搭載され、背面に指を回すことなく画面ロックを解除することが出来ます。

ゲーマー必見の改善点は冷却機能の向上です。
ヒートパイプ式の冷却システムが搭載され、長時間の高負荷にも耐えられる設計となっております。

もちろんカメラ機能もパワーアップ!

以前までのシングルカメラから現在のトレンドである、トリプルカメラを採用し超広角、望遠、メインの広角カメラが搭載され、従来の2倍以上の広角撮影が可能になる、ズーム倍率も進化を遂げているとのこと。

AnTuTuベンチマークスコアは344517点とこちらもかなりの高水準
最新のスマホアプリもサックサクで動作します。

国産スマホの雄Sony「Xperia1」




長年親しまれているXperiaシリーズの最新作「Xperia1」は他のスマホとは一線を画したコンセプトを持っています。

そのコンセプトとはなんと「映画鑑賞」

ディスプレイの縦横比が映画のスクリーンとほぼ同じの縦横比21:9画面なんです!

これにより映画のブラックアウト部分が無い状態でワイドスクリーンの映画を楽しむことが出来ます。

さらに、人気家庭用TV「ブラビア」の映像技術を駆使し、SDR画質の映像をHDR画質相当にパワーアップさせれこともできてしまうのです!

ゲームをしながら攻略サイトを閲覧したり、通知の調整やパフォーマンスの最適化を行う新機能「ゲームエンハンサー」が搭載され、ゲーマ―にもおススメできる一台に仕上がっています。

独創性のある細長いデザインも、スマホの新時代を感じさせてくれます。

AnTuTuベンチマークスコアは341428点と文句なしの高得点です。
横幅が広がることによる恩恵が受けられるFPS系のゲームやオープンワールドのゲームでは、唯一無二の視野感を誇るスマホです。

最新スマホの性能比較


ではこの最新スマホ4機種たちを横並びヒカクしていきたいと思います!



ご覧の通りとなります。

やはり性能で頭一つとびぬけているのは最新iPhoneであるiPhone 11シリーズあくまで予想のスコアではあるものの、AnTuTuベンチマークスコアがとびぬけています。

しかし、現状の最新アプリでは今回ご紹介したスマートフォン全てでノンストレスにゲームプレイや動画視聴が可能であると言えます。

性能面の比較で熱暴走に強いという点ではGalaxyに軍配が上がります。独自の冷却技術により、CPUに最大負荷をかけた状態での駆動可能時間が大きく変わると予想されます。さらに、その膨大なRAM容量により、様々なアプリを同時起動して使うような場合にも安心して使うことが出来るでしょう。

そして、ノッチが気になる場合はZenFone6かXperia1のどちらかを選ぶのが賢明でしょう。

さらにその中で、幅広い視野感を楽しむならXperia1を選択するのがベターです。全画面ディスプレイを楽しみたい場合はZenFone6を選択しましょう。

まとめ


まず、スペック最強のスマートフォンはiPhone 11シリーズで間違いありません。

しかし、今回ご紹介した全てのスマートフォンが最新アプリを障害なく、サクサク楽しめます。性能差で購入を検討するよりも、プレイするゲームの特色に合わせてみたり、

機種それぞれにある特徴やカラーリングなどの外装とスマホへのこだわりがマッチするかで判断していくのが賢い選択ではないでしょうか。