日本全国のiPhone修理業者のデータべース

日本全国のiPhone修理業者のデータベース
ホーム > 「iPhone 修理料金」で検索すると失敗する?5つのデメリット

「iPhone 修理料金」で検索すると失敗する?5つのデメリット


「iPhone 修理料金」で検索すると失敗する?5つのデメリット


初めてiPhoneが発売された2007年6月から今年で12年が経ち、今では知らない人はいなくなったと言っても過言ではないiPhone。

そんなiPhoneが壊れてしまった時にまず気になるのはお値段ですよね?しかし、「iPhone 修理料金」と調べるとかえって損をする可能性があるのです。

今回は「iPhone 修理料金」で検索を行うデメリットについてご紹介していきます。
はじめに
「iPhone 修理料金」で検索するデメリット
1.料金相場が高く見えてしまう危険がある
2.比較できる店舗の数が少なくなってしまう
3.正規店の情報が多めで、ニーズに合わない可能性も
4.お住いの地域により、相場が参考にならないことも
どうやって調べる?
1.iPhone×修理内容×修理を行う地域
2.修理内容がわからない場合
ちなみに

はじめに


iPhoneの日本におけるシェア率は全体の過半数を占めているという事実はもはや旧聞に属する話です。

iPhoneには、その便利さゆえに、落としてしまったり、水に濡れて故障してしまうと「各種料金の支払いや仕事・娯楽における代替手段が無い」という一面も持ち合わせています。

急なスマホのトラブルで活躍するのがヒカクハカセでもご紹介している街のiPhone修理店たち。お世話になった方も非常に多いのではないでしょうか?

今回はお手持ちのスマホが壊れてしまい、お店を検索する際に「iPhone 修理料金」と検索を行ったことのある方、今まさに検索を行っている方に向けて、そのデメリットについてご紹介を行いたいと思います。

「iPhone 修理料金」で検索するデメリット



1.料金相場が高く見えてしまう危険がある




まず、「iPhone 修理料金」で検索を行って出てくるのはほとんどが、「iPhone 修理料金」検索を行って出てくるのは、ほとんどお店のページではなく「料金の相場を知って……」や「修理の費用はどのくらいかかるの?」というようなタイトルのコラムが多い傾向にあります。

もちろんこれらのコラムには、有益な情報が掲載されているので、否定するわけではありませんが「料金相場」という情報の鮮度が問われる内容にフォーカスして言うと、古い相場情報が掲載されている可能性が高いです。

そのため、iPhoneの修理料金を調べる際には不向きなコンテンツと言えるため、参考にならない情報を取り入れてしまう恐れがあるのです。

2.比較できる店舗の数が少なくなってしまう


今や2000件を超えると言われているiPhone修理店。その中で「iPhone 修理料金」と検索して出てくるお店はほんの一部しかありません。

となると、お住いの地域の修理店が検索結果出ず、すぐ近くにあるiPhone修理店を見逃してしまう恐れがあるのです。

例えば、ほとんど変わらない価格でご自宅から30分以内にアクセスできる修理店があったのに、それを見落として、遠くの修理店に修理を出すなんてもったいないですよね。「その日のうちに修理できる端末が数日後の修理になってしまう」なんて恐れもあります。

3.正規店の情報が多めで、ニーズに合わない可能性も


iPhone修理店にはAppleの認可を受けた「正規店」とそうでない街の修理店と呼ばれる「非正規店」があります。

もしも非正規店の価格相場を知りたくて「iPhone 修理料金」と調べた場合、まず出てくるのは正規店の修理価格です。

そのため「即日修理」「データを消さずに修理」というメリットのある「非正規店」の料金相場を比較する場合、正規店の情報はユーザーにとって必要のない情報であると考えられます。

正規店と非正規店についての違いが気になる方はこちらをチェックしてみましょう。

Apple正規サービスプロバイダとは?修理の際の注意点まとめ

 

4.お住いの地域により、相場が参考にならないことも




iPhoneの修理料金の相場は地域によっても変動します。料金相場の一番安いと言われている都内とiPhone修理店の少ない地域では価格の相場が大きく変わる場合もあるのです。

「iPhone 修理料金」と調べて大体の価格相場を調べたところで、それがお住いの地域の料金相場であるとは限りません。

つまり、お住いの地域のiPhoneの修理料金の相場を調べるのに適した検索ワードではないことがわかります。

 

どうやって調べる?




ここまで「iPhone 修理料金」と検索することのデメリットをお話してきました。

ではどのように検索を行うのがユーザーにとって有益となるのか確認していきましょう。

1.iPhone×修理内容×修理を行う地域


これが一番ユーザーのニーズに合った検索ができるワードです。

例えば、東京都の秋葉原周辺でバッテリー交換の修理を行いたい場合は「iPhone バッテリー交換 秋葉原」と検索を行うことで、バッテリー交換に適した秋葉原の修理店を探すことが出来ます。

あとは出てきたお店を順番にチェックするだけ。とっても簡単です。

2.修理の内容がわからない場合


修理の内容がわからない場合は、まず症状を検索して修理内容に当たりをつけておきましょう。

iPhoneの充電ができない症状で検索してみる

バッテリー交換orライトニングコネクタ交換など

ちなみに…




iPhone修理店を比較する場合やお住いの地域のiPhone修理費用の相場をチェックしたい時には「iPhone×修理内容×地域」で検索をしてみてくださいね。

ちなみに

ヒカクハカセでは、地域に合わせて街のiPhone修理店をご紹介しています。

そのため、地域ごとの料金相場がわかりやすく、調べるのに適しています。相場を調べたら、気になった店舗に直接電話をかけて相談してみましょう。

それでは!